So-net無料ブログ作成

親のけが

以前も親のことを少し書きましたが、
先週、父が家の階段から落ちてけがをしました。
頭を6針縫う大けが。でも一番心配していた
脳には異状ありませんでした。

幸い、弟一家が泊まりに来ていた日だったので、
弟が素早く対応し、救急車を呼んで、近くの総合病院で
診てもらうことができました。

夜、寝室横の2階のトイレに行こうとして場所を間違えて、
階段のほうへ行ってしまったそうです。

最近、ぼんやりしたり、居眠りすることも多くなった父を見ていると
あのしっかりした人でも、歳をとると少しずつうっかりが
増えるのだなあと実感しました。

周りの人は「昔のお父さんはこわくて近寄りがたかったけど
今は温和で、丸くなっていいわ。」といいます。
たしかに優しい、温和でいいおじいさんになったのですが、
私にはそれがさびしい・・・。

厳しすぎて、こわくて心のなかで「わからずや!」と悪態ついてた
頃の父が懐かしいのです。
近寄りがたかったけど、誰よりも頼れる存在だった・・・。
それが今は、私たちが守ってあげなければいけない存在に
なりつつある・・・。子供とはわがままなものです。

幸いけがは早く治りそうなので、それは一安心なのですが、
少しでも何かに興味を持って、いきいき動く父に戻ってほしいなあ
と思うこのごろです。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

タグ:家族 けが
コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 3

親知らず

私は母に毎日出掛ける用事を作りました。
動かないと動けなくなる、今年出来ない事は来年はもっと出来ないと言っています。
寝た切りになったら施設行きだから、動かないと一緒には住めないのよと。
結果、母はセッセと出掛けてます。
出掛けた日は母の気持ちも前向きです。
by 親知らず (2017-02-07 08:05) 

chikoo.

いろいろありますよね。
親と言っても別の人間。そして個性もいろいろ..

だけど近しいからこそ、その人への望みや期待を
持ってしまうモノかなと思います。

自分に対してもそうですが、最後は本人が納得して
決めて行くしかないし、それを受け入れてあげるのが
いいのかなって、個人的にはそう思っています。
(逆の立場だったらそうして欲しいと思うから)

とりあえずは大きなことにならなくて
良かったですね!!
どうぞお大事にしてあげて下さい!!
by chikoo. (2017-02-08 11:52) 

hirohiro

>親知らずさん、コメントありがとうございます!
そういえば、父も出かける場所が少なくなってきてから
急に元気がなくなりました。耳が遠くなったこともあります。
人と接することは大事ですね。寝たきりには
なってほしくないし、本人ももちろん望んでいないでしょう。

とりあえず教会はずっと行っています。そこで
まだ父でもできる役割をもらえると
もっと元気が出るかもしれません。頼られるのは
うれしいことですから・・・。
教会の人も協力してくれてるので、これから
いろいろなことを相談してみます 。

>chikoo.ちゃん、コメントありがとう!
心配してくれて感謝です。
たしかに最後は本人が納得しないと
事が進まないのは実感です。
無理にやらせても、結局それは私たちが
満足しているだけなのかもしれません。

ただ、元気になる助言はできるかなと思いますので
本人が納得したら、いい方向に
いきますよね。自分のことは自分が一番わかります
ものね。父の気持ちを尊重しながら、元気でいてくれる
方法を一緒に考える・・・難しいけどやってみます。
by hirohiro (2017-02-09 20:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。